Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)を Azure SQL Database を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

[カード形式]で管理するか、[伝票形式]で管理するかを決める

管理項目を自由に設定する 

管理する項目は、おおむね決まってはいるものの、運用していると、追加したい項目が発生します。そのような時に業務担当者が、自由に項目追加できる機能が必要です。

 

データを管理するには、[カード形式]と[伝票形式]があります。

f:id:muramoto1041:20180424140413p:plain

 

 

データを[カード形式]で管理するか、[伝票形式]で管理するかを決めてください。

カード形式・・・1枚のカード内に1~100項目のデータを管理する。

例)顧客名簿、商品台帳など、

 

伝票形式 ・・・1枚の伝票に表題項目と明細項目に分けてデータを管理する。

例)納品書、見積書など、上部の表題項目と品名・数量・価格等、複数のデータが繰り返している明細項目が存在するデータ

 

カード形式について

1画面内に最大100項目を設定できます。

各項目の幅や高さは項目ごとに設定できます。

f:id:muramoto1041:20170730152915p:plain

www.excel-access-japan.com

 

伝票形式について

表題項目と明細項目を設定します。

明細項目は、最大20項目設定可能。

明細入力行数に制限はありませんが、1~500行程度が最適です。

f:id:muramoto1041:20170730153711p:plain

www.excel-access-japan.com

 

管理する項目を設定して下さい。

[基本項目]の横の歯車をクリックします。

管理項目に変更してください。

f:id:muramoto1041:20170801180551p:plain

 

最初にデータを入力(または、インポート)して下さい。

最初にデータベースにデータを入力して下さい。

Excelシートや CSVファイルのデータがある場合は、[補助処理]の[データインポート]を使って、カードボックスにデータを取り込むことができます。

 

access-cloud.hatenablog.com

 

カードボックス BARI は、簡単にデータベースを共有することができます。Windows Server  は、不要です。共有フォルダさえあればよいので、NAS等のネットワークハードディスクをお薦めします。

 

また、クラウド化して、外部からも編集したい場合は、Microsoft Azure サービスを利用します。SQL Azure データベースを利用することで、遠隔地間でデータ共有することができます。

 

Microsoft Azure の設定につきましては、下記にお問合せください。

お問い合わせ - 日本アプリケーション開発