Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)をOffice365を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

Accessをクラウドにするには、Azure SQL か SharePoint を利用する

Office365には、SharePoint という共有サイトがあります。これを使ってAccessのデータを共有することが出来ます。

 

しかし、1年間 SharePoint を利用した結果、私は、Azure SQL Database を使うことを推奨します。

 

Office365にユーザー登録した時には、ユーザーへどの権限を与えるかを設定する必要があります。(初期値ではすべての機能に権限が与えられています。)

 

データをクラウド化して共有するには、SharePoint を利用できるだけでOKです。 

そのため、SharePoint 以外の機能は、とりあえず利用できないようにしておきます。

 

【設定手順 】

管理者権限でOffice365にサインインして、「Office365 管理センター」を開いてください。

f:id:muramoto1041:20151207132115p:plain

続きを読む

ファイルの共有ロック数が制限を超えています (Error 3052)レジストリエントリMaxLockPerFileの値を増やして下さい。(#-2147217887)

ファイルの共有ロック数が制限を超えています (Error 3052)レジストリエントリMaxLockPerFileの値を増やして下さい。(#-2147217887)

このようなエラーメッセージが出る場合の対処方法について

f:id:muramoto1041:20160927104554p:plain

続きを読む

Access クエリ作成(選択・集計・更新・削除)

テーブルとクエリーの違いについて

テーブルとクエリーは、開くと同じように表示されますが、ここでは、その違いについて、理解してください。

 

テーブルとは

テーブルというのは、実際にデータを格納するための入れ物です。

テーブルというのは「表」という意味です。

データを入れるための表です。 

f:id:muramoto1041:20180723163335p:plain

続きを読む

Access入門:住所、番地、建物名を結合した値を印刷する

レポートに項目を結合して印刷する、2つの方法

結合した項目を印刷するには、次の2つの方法があります。

  1. レポートのテキストボックスに項目を結合する計算式を設定する
  2. レポートのクエリーに結合した項目を作成する

 

レポートを[デザイン]モードで開くと、下図のようになります。

f:id:muramoto1041:20180723132305p:plain

続きを読む

Access入門:テキストボックスのプロパティを設定する

テキストボックスの IME入力モードを設定する 

※この機能は、 Access Runtime 版 では操作できません。

入力するテキストボックスの漢字変換モードを設定します。

 

f:id:muramoto1041:20180719183047p:plain

続きを読む