Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)を Azure SQL Database を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

カードボックスBARI: アップデート

Ver 2.46(次回予定)

  • 新規入力時の Excel ファイルのインポート機能。
  • ユーザー一覧表の簡易化。

(※ ご要望は、お気軽にコメント欄にご投稿下さい)

 

f:id:muramoto1041:20180131155934p:plain

 

プログラムファイル(C:\App\BariSp\BariSpPGv***.accdb)をユーザーが変更 している場合は、バックアップを取ってからアップデートを行ってください。

 

f:id:muramoto1041:20170830162626g:plain

f:id:muramoto1041:20170830162623g:plain

続きを読む

Access 入門、初心者にもすぐに使える Access 2016 のテンプレート!

Access:リレーショナルデータベース管理システム

データを管理するには、リレーショナルデータベースシステム(Access 2016)をお薦めします。

f:id:muramoto1041:20180701145606p:plain

データ管理系のデータベースとしては Microsoft Access が人気です。Microsoft Access でデータベースを構築するには最初に、管理項目を決めます。

 

ここで紹介する[カードボックス BARI]は、Microsoft Access で作成したデータ管理ツールです。Microsoft Access の知識がなくても、とても簡単に管理項目を登録することが出来ます。 

 

続きを読む

見積書:Access で データ管理して、Excel にファイル出力する。

データベースで管理して、Excel ファイルに出力する。

Excelに出力した後に、編集することができますので、見積書など詳細な内容を追加する場合に便利です。

 

伝票ボックス KATA で見積書を管理する

カードボックス BARI は、簡単にデータベースを構築することができます。

しかし、単票印刷をしようとするとエクセルの方が気軽にレイアウトを設計できます。

 

カードボックス BARI は、Access でデータ管理を行い、Excel で印刷することができます。

f:id:muramoto1041:20161108103253p:plain

続きを読む

Webアプリ開発には、 Visual Studio をインストールする。

いままでずっと Access と Excel を連携して、デスクトップアプリを作成してきました。

 

しかし、もうこれ以上 Webとの連携をしないわけにはいきません。これからは、デスクトップアプリと Webアプリを連携して、業務アプリを作成します。

 

Webアプリの開発にあたっては、開発言語は Visual Basic になれているので、ASP.NET を使うことにします。

 

デスクトップアプリとWebアプリを連携する

デスクトップで動作している今までの業務アプリと、Webのブラウザアプリをダイレクトに連携します。CSVファイルのダウンロードでは効率よく連携できません。 

 

f:id:muramoto1041:20181027145500p:plain

続きを読む

Access入門: データを保存するテーブルを作成する

(※ Access を クラウドで運用するには、ローカルで構築してから クラウドにアップします。)

カードボックスの項目名を設定する(簡単設定) 

項目名を編集する方法

カードボックスBARIの台帳画面を表示して、[基本項目]の横の[歯車]をクリックしてください。

f:id:muramoto1041:20160123162016p:plain

続きを読む