Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)をOffice365を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

SharePonit で Access Web アプリ の作り方 (2)

データマクロ を作成して、受注伝票の受注番号を自動採番する。

 

1.年ごとに1番から連番で採番する。

2.採番した最終番号を[T_採番]の[受注現在番号]に保存する。 

3.受注日から年を取得し、その年レコードがあれば受注番号を更新し、ない場合は、年レコードを追加する。 

 

f:id:muramoto1041:20161120171720p:plain

  

データマクロは、レコード変更時にイベントが発生します。 

f:id:muramoto1041:20161121125217p:plain

 

受注伝票の登録時[レコード挿入時]にデータマクロを登録します。 

f:id:muramoto1041:20161120172330p:plain

 

データマクロは、処理ごとにグループ化して登録します。

(グループ化とは、小分割したマクロプログラムとイメージしてください。)

 

f:id:muramoto1041:20161120172417p:plain

例えば、デバッグコントロールというグループ名のマクロを作成します。 

マクロでは、wkDummy という 変数に 0 の値を代入します。

そのマクロは、下記のようになります。

f:id:muramoto1041:20161120173640p:plain

 

採番テーブルの存在を確認します。

まず、wk存在 という変数を設定し、0 を代入します。

wk年 という変数には、入力した受注日の年を代入します。

 

f:id:muramoto1041:20161120173206p:plain

 

受注日から取得した年の値(wk年 )が、存在しているかを判定します。

f:id:muramoto1041:20161120173926p:plain

 

 存在している場合は、wk存在=1

存在しない場合は、wk存在=0 になるマクロを作成します。

 

f:id:muramoto1041:20161120182026p:plain

年のレコードが存在している場合は、wk受注現在番号 に、現在使用している受注番号の最終値を代入します。

 

そのマクロは、下記のようになります。

 

f:id:muramoto1041:20161120182101p:plain

 

では、動作を確認してみましょう。

T_採番テーブルは、空っぽの状態です。 

f:id:muramoto1041:20161120181936p:plain

 

受注データを入力します。 

f:id:muramoto1041:20161120182239p:plain

受注日を入力すると、受注番号が自動的に更新されます。

レコード挿入時に、作成したマクロが実行されました。

f:id:muramoto1041:20161120182316p:plain

T_採番テーブルを確認してみると、2016 年のレコードが作成され、現在受注番号に 1 が登録されています。 

f:id:muramoto1041:20161120182415p:plain

 

マクロは、このような方法で作成します。 

 

この記事は、「Web Access 2013 実習書(初級)」を読みながら書いたものです。詳しくは、 下記の書籍を参照してください。

Web Access 2013 実習書(初級)

Web Access 2013 実習書(初級)