Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)をOffice365を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

Access入門:管理項目を追加する。

データを管理しようと思った時に、今から データベースソフトの勉強を始めていてはデータの管理はできません。カードボックス BARI を使って 、今すぐにデータ管理を開始しましょう。

 

管理項目を追加する方法について、説明します。

f:id:muramoto1041:20170725161608p:plain

続きを読む

データベース入門、初心者にもすぐに使える Access 2016 のテンプレート!

リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)

データを管理するには、リレーショナルデータベースシステム(Access 2016)をお薦めします。

f:id:muramoto1041:20160929183345p:plain

データ管理系のデータベースとしては Microsoft Access が人気です。Microsoft Access でデータベースを構築するには最初に、管理項目を決めます。

 

ここで紹介する[カードボックス BARI]は、Microsoft Access で作成したデータ管理ツールです。Microsoft Access の知識がなくても、とても簡単に管理項目を登録することが出来ます。 

 

続きを読む

Access入門: Access のデータを Excel で印刷する。

データベースは、Access で管理した方が、効率よく管理できるのですが、印刷のレイアウトが Access のレポート作成機能では、なかなか作るも大変です。

 

カードボックス BARI は、このようなお悩みを持っている方に便利な[Excel 印刷]機能を追しました。

 

f:id:muramoto1041:20170707172158p:plain

続きを読む

カードボックスBARI: アップデート

Ver 2.35

  • カードボックス3,4のExcel差込を修正しました。
  • (ご要望は、お気軽にコメント欄にご投稿下さい)

f:id:muramoto1041:20160929165607p:plain

 

プログラムファイル(C:\App\BariSp\BariSpPGv***.accdb)を変更 している場合は、バックアップを取ってからアップデートを行ってください。

 

f:id:muramoto1041:20160506120119g:plain

続きを読む

パソコンの業務システムは自分で作るもの、Excel と Access をクラウドで運用する!

大規模なシステムと小規模なシステムは全く違う

大規模な業務システムと小規模な業務システムでは、作り方が全く違います。大規模な業務システムは、システム専門家に作ってもらわないといけませんが、小規模な業務システムは業務担当者が自分で作るものです。 

f:id:muramoto1041:20160227142816p:plain

 

業務システムを作るには、まず、何人の担当者が同じプログラムを操作して使うかで仕様が決まってます。

 

私がたずさわるシステムでは、1拠点で同じ業務(同じプログラム)は2人~5人で操作する業務が多いため、小規模システムではこのくらいの人数で使うことを想定してこのブログを書いています。 

続きを読む

データベースを SharePoint にセットして、外出先からでも編集可能にする。

農産物見積・発注出荷管理 システム概要

農産物の商品データをデータベース化し、見積書、注文書、仕入商品を管理するシステムに、カードボックス BARI を活用しています。

 

【特長】

  1. 各地の農産物生産者と打合せをしながら、仕入商品を確定するため、外出先からでも、データベースを参照する必要がある。
  2. 見積書(兼:オーダー票)をExcelファイル形式で取引先に提出して、直接Excelシートに注文数量を入力してもらい、メールで返信して頂く。
  3. Excelファイル形式でやり取りするため、取引先も発注データの管理を効率的に処理できている。
  4. オーダー票もExcelファイル形式で受け取るため、受注入力作業を効率よく行えている。

 

f:id:muramoto1041:20170423151229p:plain

左側のオレンジ色のアイコンのテーブルは、SharePoint のカスタムリストとリンクしたテーブルです。

続きを読む