Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)を Azure SQL Database を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

Access入門: エクセルのシートをインポートする

エクセルのシートをAccessに読み込んでテーブル作成!

データベースを構築する手順としてよく紹介されているのは、次のような手順です。

[データベース構築手順]

1.管理項目を決める。(名前、ふりがな、住所、など)

2.テーブルを作成する。

3.入力項目の属性(数値、文字、日付など)を定義する。

4.クエリーを定義する。

5.印刷レポートを作成する。

 

考えただけでも、もうやる気がなくなります。

では、どんな方法だと簡単にデータベースが構築できるのでしょうか?

私が出した答えは、「エクセルのシートにデータを貼り付けてください。」です。

f:id:muramoto1041:20151224194320p:plain

エクセルからデータベースを取り込むルール

1行目が、項目名

2行目以降が、データ

このようなエクセルシートを準備すれば、すぐにデータベースを作成して管理することが出来ます。

※作成したデータベースは、Office365を利用してクラウドに変換することが出来ます。

 

f:id:muramoto1041:20160217154800p:plain

 

エクセルでのデータベースには、限界があります。しかし、エクセルを利用する場合でもデータベースを意識して使わないと罫線ワープロのファイルになってしまい、データをシステム化することはできません。エクセルでは、データシートと印刷書式シートは、区別して使用することをお勧めします。

 

カードボックス BARI へのインポート

カードボックスBARI にエクセルのデータをインポートする場合は、[補助処理]メニューの[エクセルインポート]を実行します。

f:id:muramoto1041:20160217155529p:plain

 

[データベース変換シートをインポートする]を実行します。

f:id:muramoto1041:20160217155747p:plain

 

エクセルシート(データベース変換シート.xlsx)の1行目を項目名に2行目以降をデータにインポートします。

f:id:muramoto1041:20160217160750p:plain

 

Excel を使って管理項目を設定する。 

データベースの構築をExcelで行うと便利です。[カードボックス BARI]を使った場合の手順について説明します。

 

管理する項目名をExcelに入力します。

f:id:muramoto1041:20170818162127p:plain

 

カードボックス BARI の 左側の[ナビゲーション ウィンドウ]を開いてください。

f:id:muramoto1041:20170822162338p:plain

Accessのテーブル[T_SysLblKihon] が、項目名の定義ファイルです。

 

カードボックス1~5の定義項目が、項目01~項目05に登録されています。

f:id:muramoto1041:20170818163140p:plain

 

項目名をコピーアンドペーストで貼り付けることができます。

まず、Excelに登録した項目名を範囲選択してコピーを実行します。 

f:id:muramoto1041:20170818163212p:plain

 

画面をAccessに切り替えてください。

Accessの項目01の1~46を範囲選択して、貼り付けてください。 

f:id:muramoto1041:20170818163241p:plain

 

これで、カードボックス1の項目定義が、完了しました。 

f:id:muramoto1041:20170818163323p:plain

 

カードボックス1を開いて、確認してみます。

f:id:muramoto1041:20170818164732p:plain

 

画面には、10項目しか表示されていません。

カードボックス1は、10項目に定義されていますが、すべてのカードボックスは100項目利用することができます。

f:id:muramoto1041:20170818164446p:plain

 

管理項目を編集するには、右クリックを押して、[デザインビュー]を実行します。 

f:id:muramoto1041:20170818164824p:plain

 

フォームをスクロールすると下部に、未使用の項目があります。

f:id:muramoto1041:20170818164926p:plain

 

フォーム下部の未使用項目を上部に移動することで、管理項目を追加することができます。

(注意)フォームに登録しているオブジェクトは、削除してはいけません。

f:id:muramoto1041:20170818165112p:plain

 

未使用の項目は、[可視]プロパティが、[いいえ]になっていますので、[はい]に変更してください。

※ オブジェクトのプロパティは、複数同時に変更することができます。カーソルをドラッグして複数のオブジェクトをつかんで、プロパティーシートを変更すると、一度に変更することができます。

f:id:muramoto1041:20170818165431p:plain

 

カードボックス1を開いて、管理項目数が追加されていることを確認してください。

f:id:muramoto1041:20170818164732p:plain

 

移動した未使用の項目が、表示されています。

f:id:muramoto1041:20170818165536p:plain

 

以上の操作で、項目の追加作業は完了です。

 

 

ダウンロード 

カードボックスBARIを利用するには、下の[無料ダウンロード] ボタンを押してください。

f:id:muramoto1041:20160627132809p:plain