読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)をOffice365を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

SQL Server 2008 R2 (Express) に接続できないときの注意点!

業務システムを構築するには、データベースは欠かせません。とりあえず今まで動いていた SQL Server 2008 をインストールする。 

 

SQL Server をインストールしたあとは、下記の設定を行わないとクライアントから接続できません。

 

インストール後のクライアント接続における注意点

1.SQL Server の TCP/IP のプロトコルを有効にする。

2.SQL Server Browser を起動する。

3.サーバーのファイアウォールに 受信TCP port 1433、受信・送信 UDP port  1434を許可する。

4.接続するクライアントのIPアドレスを許可する。

 

上記の設定を行わないとSQL Serverは、クライアントから接続できません。 

f:id:muramoto1041:20160208184106p:plain

まずは、SQL Server 2008 のインストールを行います。

 

SQL Server 2008 R2 ダウンロード

SQL Server 2008 と 必要なツールがセットになったタイプをダウンロードします。

Microsoft SQL Server 2008 R2 RTM - Express with Management Tools

 

インストールを始めると、下記のメッセージが表示される。

f:id:muramoto1041:20160208184516p:plain

下記のリンクからダウンロード可能です。

Download Windows Installer 4.5 Redistributable - 日本語 from Official Microsoft Download Center

f:id:muramoto1041:20160208184853p:plain

OSが、64bitなので x64 を選択します。

インストーラをセットアップしてから、再度インストールを行います。

 

SQL Server インストール センターが起動します。

f:id:muramoto1041:20160208185103p:plain

 

新規インストールを実行します。

f:id:muramoto1041:20160208185409p:plain

 

画面に従って、次へを押していくとセットアップが進行していきます。 

f:id:muramoto1041:20160208185600p:plain

 

f:id:muramoto1041:20160208185808p:plain

 

f:id:muramoto1041:20160208185919p:plain

 

f:id:muramoto1041:20160208185943p:plain

 

f:id:muramoto1041:20160208190057p:plain

 

f:id:muramoto1041:20160208190128p:plain

パスワードを控えておきましょう。

 

f:id:muramoto1041:20160208190230p:plain

これで、SQL Server 2008 のインストールは完了です。

 

クライアントとの接続設定を行う

SQL Sever 2008 は、既定値で他のクライアントとの接続を無効にしています。

その接続プロトコルを有効にする必要があります。

 

1.[SQL Server 構成マネージャ]を起動します。

f:id:muramoto1041:20160208190424p:plain

 

2.[SQLEXPRESSのプロトコル](インストール設定で異なります)の[TCP/IP]を有効にします。 

f:id:muramoto1041:20160208190708p:plain

 

3.[SQL Server Browser]を開始します。 

f:id:muramoto1041:20160208190724p:plain

 

4.プロパティを開いて[開始モード]を自動にします。 

f:id:muramoto1041:20160208190753p:plain

 

5.[ログオン ]タブの[開始]を押します。

f:id:muramoto1041:20160208190843p:plain

SQL Sever Browser を開始することで、ODBCドライバーを作成するときにSQL Server が参照リストに表示されます。 

ここまで設定すれば、サーバーの「ファイアウォール」を無効にしておくとクライアントとの接続は可能です。

 

一度、正常に接続できることを確認して、次にファイルアウォール設定を行うほうがいいでしょう。

 

ファイアウォール設定で、ポートを許可する

f:id:muramoto1041:20160209113459p:plain

 

 接続できなくなったときは、セキュリティの強化に起因することが多いようです。

まずは、一時的にファイアウォールをオフしてみましょう。

f:id:muramoto1041:20160604112553p:plain

参考 

久しぶりのSQL Server 設定で、うまくいかず悩んでいましたが、下記のページが、大変参考になりました。

yohei-nagatani.com

 

社内に SQL Server は いらない!

社内に Windows Server を 置き、SQL データベースを構築していると、サーバーの維持保守費用も結構掛かります。

 

共有フォルダーなら、ネットワークハードディスク(NAS)でも運用できますし、Office 365 や Azure サービスを利用することで、SQL Server を外部に持つことも可能です。

 

このページをご閲覧の皆様は、SQL Server をご利用の方だとは思いますが、今後、社内の SQL Server を使わない 方法について、説明したいと思います。

 

データベースサーバーは、Google、Amazon、IBM、Microsoft などのサービスがよく知られています。それぞれのサーバーには特徴はありますが、運用する環境や開発する言語により、どのサービスを利用した方がいいのか決まってくると思います。

私のように、Access や Excel を利用して 開発する場合は、Azure SQL データベース や Office 365 Share Point が、適していると思います。

 

Office 365 の SharePoint を利用する

f:id:muramoto1041:20161223154553p:plain

 Access をWeb アプリ として事項するには、カスタムリストを利用する方法とAccess アプリを利用する方法があります。

 

カスタムリストでは、Access は デスクトップアプリ として実行し、データをShare Point のカスタムリストに置いて実行します。

 

Access アプリでは、データを Share Point の Access アプリ ファイルに置きます。

カスタムリストと違うことは、Access アプリは、Access アプリ内にマクロを登録できるので、デスクトップ Access をインストールしなくても、ブラウザーのみで実行することができます。

 

Microsoft Azure の SQL データベースを利用する

f:id:muramoto1041:20161223154910p:plain

 

SQLデータベースを使わなくても、簡単にデータベースを構築する方法 

access-cloud.hatenablog.com