Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)をOffice365を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

Office 365 使い方:この試用版サブスクリプションには、利用可能なライセンスがありません。 ライセンスを割り当てるにはサブスクリプションを購入してください。

この試用版サブスクリプションには、利用可能なライセンスがありません。 ライセンスを割り当てるにはサブスクリプションを購入してください

Office365のユーザー画面に、このような警告メッセージが表示されています。

 

マイクロソフト アクション パック サブスクリプション(MAPS)の更新は行って有効期限は正常に更新されているのですが、ユーザーアカウントを表示すると上記のような警告が表示されています。

f:id:muramoto1041:20170118113740p:plain

 サブスクリプションの[更新]は、正常に行われているようで、状態は[アクティブ]になっています。

f:id:muramoto1041:20170118113842p:plain

 

しかしながら、ユーザーの情報には[この試用版サブスクリプションには、利用可能なライセンスがありません。 ライセンスを割り当てるにはサブスクリプションを購入してください。]の表示が出ています。

 

サポートチケットでマイクロソフトに問い合わせをしてみました。

返ってきたメールが、下記の内容です。 

[ご案内]
アクションパック特典でご利用の Office 365 Enterprise E3 を更新いただき ありがとうございます。

  上記のメッセージは、ご利用いただいている Office 365 Enterprise E3 のライセンスが 全てユーザーに割り当たっている際に表示される仕様となっております。

  現在ご利用のユーザー様には影響はございませんので、ご安心いただければと存じます。 混乱をまねき誠に申し訳ございません。

  表示内容の修正につきましては、すでに担当チームへ改善要望として引継ぎを行っておりますが システムの個別修正が難しいため、数か月ほど要する見込みとなっております。 修正までご不便をおかけすることとなり誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解下さいますよう お願い申し上げます。

 アクションパックには、Office 365 のE3ライセンスが、5ライセンス利用可能で、5ライセンス全てがユーザーに割り当てられているときに表示される仕様になっている。

 

[コトバンク]

仕様とは、製品を開発する際に取り決めた、詳しい設計のこと。スペックともいう。

 

まあ、考えてみれば、「すべて割り当てられているので、追加する場合は、購入してください」というのは、事前に注意する意味では正しいといえばそうかもしれません。

 

であれば、ライセンス追加の操作をしたときに表示すればいいものを ユーザー画面を開いた時にこのようなメッセージが出るとビックリするのは私だけ?