Access をクラウドで運用する方法

アクセス(Microsoft Access)をOffice365を利用してクラウドで運用するための、情報、技術などを発信していくサイトです。

見積書:Access で データ管理して、Excel にファイル出力する。

データベースで管理して、Excel ファイルに出力する。

Excelに出力した後に、編集することができますので、見積書など詳細な内容を追加する場合に便利です。

 

伝票ボックス KATA で見積書を管理する

カードボックス BARI は、簡単にデータベースを構築することができます。

しかし、単票印刷をしようとするとエクセルの方が気軽にレイアウトを設計できます。

 

カードボックス BARI は、Access でデータ管理を行い、Excel で印刷することができます。

f:id:muramoto1041:20161108103253p:plain

続きを読む

Access入門: カードボックス(データベース)を作成する。

(※ Access を クラウドで運用するには、ローカルで構築してから クラウドにアップします。)

「カードボックス BARI」は、Microsoft Access をベースに作成しております。基本的な機能(登録、訂正、削除、検索、整列、印刷)を備えていますので、初心者の方でも簡単にデータベースを構築することができます。

 

「カードボックス BARI」を実行するには、Microsoft Access をインストールする必要があります。

 

基本機能の動作には、Microsoft Access Runtime版(無料)をインストールしてください。機能を拡張したい場合は、Microsoft Access 製品版(有料)をインストールしてください。

 

はじめに、カードボックスの作成についてご説明します。

[メインメニュー]の[補助処理]を実行します。

f:id:muramoto1041:20161019181552p:plain

続きを読む

Office 365 使い方:お得なプランの選び方

マイクロソフトの Office 365 の機能は素晴らしいのですが、どのプランを契約していいのか、かなりわかりづらいようです。

それで、少しわかりやすくOffice 365 のプランを選ぶときの選定方法について説明します。

 

Access をクラウドで運用するには、Share Point Online を使用します。

Share Point Online のプラン1は、540円/月です。Access をクラウドで運用するために Share Point Online を使うのであれば、Office 365 の契約は、必要ありません。

f:id:muramoto1041:20160701190321p:plain

 

続きを読む

ファイルの共有ロック数が制限を超えています (Error 3052)レジストリエントリMaxLockPerFileの値を増やして下さい。(#-2147217887)

ファイルの共有ロック数が制限を超えています (Error 3052)レジストリエントリMaxLockPerFileの値を増やして下さい。(#-2147217887)

このようなエラーメッセージが出る場合の対処方法について

f:id:muramoto1041:20160927104554p:plain

続きを読む

本田宗一郎(Honda原点コミック):日本の物づくりに掛ける熱い想いを受け継ぎたい!

松下幸之助さん、盛田昭夫さん、井深大さん、本田宗一郎さんといえば、Panasonic、SONY、HONDA、日本を代表する大企業の創業者たちです。

 

若いころからあこがれて、多くの著書を読ませて頂いきました。

 

今50歳を超えてあらためて感じるのはこの大企業3社(4名)創業者の大きな違いです。

 

本田宗一郎さん:熱い想いを持つ職人的技術屋

盛田昭夫さん、井深大さん:世界を目指す優秀な技術者

松下幸之助さん:体が弱く、人を動かして自分の想いを成し遂げ得た経営者

 

その中でも私は、HONDAの創業者「本田宗一郎さん」が大好きです。

 その熱い想いが伝わってくるコミックを本田技研工業(株)から配信していたので、紹介します。感動しました!

 

30秒でみれる「Hondaの原点、動画コミック」 


Hondaの原点を動画コミックで〜『Honda原点コミック』絶賛公開中!

続きを読む

カードボックス BARI で こんなことできたらいいな!改善要望機能一覧

カードボックス BARI は、ユーザー主体の開発ツールです。

 

 Access や Excel を利用して、ユーザーが自由に管理資料を作成したり、マクロを作成してシステムメニューに組み込むことができます。システム開発業者(SIer)に依頼しなくてもシステムを拡張できるように設計しております。

 

使ってみて、「こんなことできたらいいな!」と思うようなことがあれば、このブログのコメントに自由に書き込んでください。

 

できる限りご要望にお応えできますよう「カードボックス BARI」を改善していきたいと思っています。 

続きを読む